社会的認知度の高い認定

最新記事一覧

2017年09月25日
国際共通語をマスターを更新。
2017年09月25日
社会的認知度の高い認定を更新。
2017年09月25日
英語力を判定するテストを更新。
2017年09月25日
英語の受験にまつわる事を更新。

toeicとはtoeflとどう違うのか?

多くの企業でtoeicのスコアを重視しています。重視していなくとも、無いよりはあった方がよい資格のひとつなのは間違いありません。端的にいえば、toeflは留学したい人向けの英語の試験です。これに対して、toeicとは、ビジネスシーンで必要となる英語力を測る試験です。言い方を変えれば、toeicとは、就活で必要な英語の試験といえます。そこで、大勢の学生が、一度は受けておいた方がいいだろうと毎年受験しています。しかしながら、toeicは易しいようでいて、易しくない試験です。

英文そのものは、英検1級よりも簡単だとよくいわれます。ところが、実際に受験してみると、思いのほか高得点をだせない学生が後を絶ちません。その理由は、問題の方向性にあります。英検もtoeflも、比較的馴染みのある日常的なトピックや、勉強絡みの話題が出題される傾向にあります。対して、toeicでは、仕事でみかける文章や長文が、大半を占めます。そこで、多くの学生が苦戦を強いられるわけです。アルバイト経験はあっても、社会人経験はない学生にとって、文章中で言わんとしている事柄の意図や趣旨が読み取りづらい内容になっているからです。例えば、ビジネスレターを読ませ、趣旨を問うたり、穴埋めをさせたりします。そもそもビジネスレターなど、書いたこともなければ、読んだこともないのが普通ですから、日本語であっても取っつき難いテーマです。

就職にとても有利

みなさんはtoeicという言葉を聞いたことがあるでしょうか。これは近年よく聞く言葉になったと思うのですが、「toeicとは?」と実際に聞かれても、よく分かっていない人もいると思います。単刀直入に言うとこれは英語の試験です。リスニングとライティングの2つを合わせた990点満点のうちどれだけとれるかという試験なのですが、これが何故有名になったのかと思いますよね。なのでここではこのtoeicのメリットについて話していこうと思います。
toeicで高得点をとっていると就職に有利という点があります。これがtoeicを有名にした理由なのですが、どれ程有利になるのかという疑問も湧くと思います。英検は準1級から履歴者に書くことができますが、この準1級をとることはとても難度が高いです。これは英検はスピーキングとリスニングとライティングの3つの要素を持っているからです。対してtoeicの方はリスニングとライティングだけでよいので、まだ点がとりやすいです。
700点ぐらい取れば就職にとても有利になります。今やtoeicの点数を評価に入れている企業は7割以上あるということなので、大半の企業の就職に使えます。なのでこのtoeicを受けることは大いにメリットがあると言えます。

オススメ記事

国際共通語をマスター

toeic対策 toeicは就職に役立つ試験なため高得点を狙っている方が多いと思います。しかしなか…

詳細を読む

社会的認知度の高い認定

toeicとはtoeflとどう違うのか? 多くの企業でtoeicのスコアを重視しています。重視して…

詳細を読む

英語力を判定するテスト

toeicとはどんな試験?メリットは? toeicとは、国際コミュニケーション英語能力テストの略で…

詳細を読む

英語の受験にまつわる事

どっちを受験?toeicとtoefl toeicとよく比較されるのがtoefl。どちらも将来の役に…

詳細を読む