英語力を判定するテスト

最新記事一覧

2017年09月25日
国際共通語をマスターを更新。
2017年09月25日
社会的認知度の高い認定を更新。
2017年09月25日
英語力を判定するテストを更新。
2017年09月25日
英語の受験にまつわる事を更新。

toeicとはどんな試験?メリットは?

toeicとは、国際コミュニケーション英語能力テストの略で、日本人の年間受験者数は200万人を超えるという多さです。
toeicには、toeicやtoeicbridge、toeicswなど3種類あり、toeicが1番受験者数が多いテストです。
toeicのテストは、リスニングが45分でリーディングが75分あり、点数は5点刻みの10点から990点となっていて受験費用は5725円です。
初心者向けのtoeicbridgeは、toeicを体験する為のテスト的なもので、このテストによる評価は進学や就職時の参考にされることはありません。
上級者向きと言われるtoeicswは、海外にも拠点がある企業の場合、このテスト評価が人員選定の基準にされることがあります。
toeicのメリットについては、toeicの点数が高い程就職時の役に立つと言われ、企業のほとんどが採用の基準にしている傾向があります。
toeicのスコアによって得られるメリットも変わり、大方500点台だと平均以上の英語力があると見なされ、英語能力が必要とされる業務に就く可能性が高くなります。
600点以上のスコアになると、自分の英語能力をスキルとしてアピールしても、十分認められる点数です。toeicとは英語力を見極める基準なのです。

英語の能力テスト

toeicはここ何年かで広まり始め、今では受験者数も増えてきています。toeicとは簡単に言うと英語の能力テストで履歴書などにも書くことが出来ます。企業にもよりますが、toeicが入社条件になっているところもあるくらい関心度は高いです。toeicの特徴は合格・不合格がなく点数が付けられるところです。990点が満点となっていて600点前後だと履歴書に書いても恥ずかしくないようです。英語を日常的に使う仕事を希望するのであればそれ以上の点数が基準として必要になってきますが、そうでなければ採用の際には有利になるかもしれませんね。最近は英語を公用語として利用する企業も増えていますし、英語が話せる人と話せない人とでは年収に大きな差が出てくることも分かっています。1つのアピールポイントとしてtoeicを受けてみても良いかもしれません。toeicは制限などなく誰でも受けることが出来ます。年に何回か全国で受けるチャンスがあり、インターネットで受験の申し込みをすることが出来ます。リスニングとリーディングを100問ずつ回答していくので、英語の能力だけではなくどれだけ集中できるのかも同時に問われるテストと言っても良いでしょう。

オススメ記事

国際共通語をマスター

toeic対策 toeicは就職に役立つ試験なため高得点を狙っている方が多いと思います。しかしなか…

詳細を読む

社会的認知度の高い認定

toeicとはtoeflとどう違うのか? 多くの企業でtoeicのスコアを重視しています。重視して…

詳細を読む

英語力を判定するテスト

toeicとはどんな試験?メリットは? toeicとは、国際コミュニケーション英語能力テストの略で…

詳細を読む

英語の受験にまつわる事

どっちを受験?toeicとtoefl toeicとよく比較されるのがtoefl。どちらも将来の役に…

詳細を読む